市場調査はビジネスにおける基本

例えば、会社員の人が独立をするときに選ぶことが多い業種に飲食店がありますが、独立に際しては事前準備をします。最初にやることは出店場所の選定ですが、そのためには市場調査を行います。世帯数や年齢層や男女比、または通勤時や買い物時の消費者の動きなどできるだけ細かな情報を集めることからはじめます。
理由は、何の計画性も持たないまま出店をしても絶対に成功しないからです。極端に言いますと、全く人がいないところで飲食店を開いても売上げなどは上がりません。そのような悲惨な結果に終わらないように地域の調査を行います。
そして、この調査はビジネスの基本中の基本と言われるもので業界に関係なくある程度のビジネス経験を積んだ人なら誰でも知っていることです。それほど重要なことです。もしビジネス上のパートナーがその重要性を理解していないなら「関係を解消したほうがよい」くらい大切なことです。

新規事業を始める際は必ず必要なものです。

冒頭ではわかりやすい例として飲食店をあげましたが、ほかには新しい事業を始めるときや新しい商品を販売するとき、または新しいサービスを開始するときなどには必須のものです。あらゆる商品は消費者に支持されて初めて意味を持ちます。公共機関や組織、または団体が提供するサービスが「効率的ではない」とか「的外れ」と批判されることが多いのは「消費者に認められる」という発想がないからです。
民間の事業は消費者に認められることで成り立ちます。そのために重要なことは消費者の発想を知ることです。消費者の気持ちを無視して市場に提供する商品やサービスは最後は失敗し撤退することになります。そうならためには本格的に開始する前に調査をしてお客様の気持ちを探る必要があります。市場調査は新たな事業を開始する際の要になるものです。

市場調査の種類とそのやり方と特徴

調査の方法は基本的に7つあります。1番めにあげられるのは「アンケート調査」です。この方法は一番行われやすい方法で、企業や学校または公共団体などほとんどのところで行っています。この方法の長所は調査を受ける側も「慣れている」という点です。ただし注意が必要なのは「慣れている」がゆえに真面目に考えずに答えてしまったり正直に答えなかったりすることです。また質問の内容によっても正確な回答を得られないこともあります。
2番めとしては1対1の対面調査があります。この方法の調査は時間をかけて丁寧に質問ができますので詳しく調査をすることができます。しかし、反対の視点から考えますと時間がかかりすぎますので大規模な調査には不向きです。
そのほかにはグループでの対面調査や郵送調査、電話調査、インターネット調査、現地調査などがありますが、調査の目的に合わせて適した方法を選ぶのが正しいやり方です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加