マーケティング市場調査の依頼で知っておきたいこと

マーケティング市場調査は、企業が事業やサービスを展開していく上においては極めて重要な要素となります。企業が持つ課題には、例えば、新規事業においては、規模・有望性・参入メーカー・販売先・提供する製品などが分からないといった内容があります。また、既存事業においては、業績の拡大や投資判断がわからないといった内容があり、ここでは、マーケティング市場調査を行うことで方向性の判断をすることが可能になります。 一方、調査においてはリサーチ会社が重要な役割を持つことになり、依頼をする際にはBtoCやBtoBの調査範囲、提出される分析内容の範囲、費用などを確認することが大切になります。因みに、BtoCとは個人向けのビジネスを指し、BtoBとは企業向けのビジネスのことをいいます。特にBtoBを調査範囲とした場合にはBtoCと同じやり方では分析できないこともあり、依頼前の打合せが重要になります。

調査ではどのようなことが把握できるのか

調査では、まず、特定製品やサービスが市場において伸びているのか減少しているのか把握することができ、今後の事業戦略に活用することが可能です。次に参入メーカーの動向を把握することができます。ここでは他企業の参入状況と有しているシェアを確認することができ、背景要因となる製品面・価格面・販売面における優位性などに関しても分析をすることができます。 調査をすることで、特定市場における顧客数や購入状況、流通チャンネルも把握することができるようになります。市場における数量や金額、市場環境が把握できることで事業戦略に活用することができ、どの流通チャンネルを使えば業績の向上を図ることができるかといった点に関しても戦略を立てることが可能になります。また、調査では問題点や課題点も探り出すことができ、効果的な対策を講じる際に活用することができます。

リサーチ会社を選ぶ際のポイント

マーケティング市場調査を依頼する際にはリサーチ会社の選択が重要になります。依頼では、ポイントを押さえておく必要があり、1つに、リサーチ会社が持つ調査範囲があります。ここでは、どこまで対応をしてくれるのか確認をする必要があり、打合せ段階で内容を十分に把握しておくことが重要になります。 次に予算と納期があります。調査は採用する手法によって予算、納期共に異なってきます。ポイントはどの程度までの内容を希望するかがあり、より詳細な分析結果を求める場合には、その分、費用や期間がかかることを理解しておく必要があります。 3つ目としては目的があります。調査目的は最も重要な要素になり、目的を明確にすることで、はじめてリサーチ会社側も最適な手法を提案できることになります。漠然としたままに依頼をしてしまうと活用しにくいレポートが提出されることになり、事前の擦り合わせはしっかりと行っておく必要があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加