アンケートを用いた市場調査について

事前に質問項目を作成し、集計をすることで分析をする調査にアンケートがあります。通常、事前と本アンケートに分けられて実施されることが多く、用いられるものとしては、定性調査に該当するインタビュー調査、行動観察調査、定量調査に該当するものとして訪問面接調査、訪問留置調査、郵送調査、電話調査、ホームユーステスト、会場調査、インターネット調査などがあります。 企業による市場調査にもアンケートは広く利用されており、個別分析や全体傾向を分析するので、課題解決が図れる有効な情報を入手することが可能になります。例えば、新規事業の戦略策定として利用した場合には、想定するターゲットのニーズやサービスへの不満等を把握することができます。同時に、ブランドに対しての認知状況や好感度、リピート率等を把握することができ、既存事業であれば、売上高や利益といった業績拡大に活用することもできます。

把握できる情報にはどのような内容があるのか

アンケートによる市場調査では、種類によって把握できる情報に違いがあります。種類としては、大きく、全体傾向(単純集計)、クロス集計、重回帰分析、クラスター分析、コンジョイント分析があり、他にも、様々な種類があります。 把握できる情報に関しては、まず、全体傾向では回答を集計することで解答者全員の傾向を把握することができます。次にクロス集計では複数の質問を掛け合わせて集計をすることで、例えば、購買理由や認知度など、詳細な分析が可能になり、重回帰分析では、結果に対して複数の要素との関係や影響度を把握することができるようになります。 クラスター分析は、似た傾向や特性の人を分類することができる手法になります。ここでは、性別や年代、購入頻度などでは測れない個人の嗜好を把握することができます。コンジョイント分析は最適な組み合わせを検討するために活用されます。商品に関しては優れた機能を持ちながら安価であることが理想的であり、分析を行うことで最適な組み合わせの戦略を策定することが可能になります。

調査を依頼する際の流れについて

市場調査のアンケート依頼では、最初に、マーケットリサーチ会社に問合せをし、打合せから始めることになります。この際に重要になる内容として擦り合わせがあり、対象調査、調査項目、調査方法、調査期間、調査金額に関して十分な打合せを行う必要があります。ここでの内容が不十分であれば、正確な金額が出せないばかりか、有効な調査結果が得られなくなります。 打合せ完了後には調査企画書と見積書が提示され、費用に関しては、サンプル数や調査項目数によって異なります。内容を了承した際には契約を締結することになります。押さえておきたいポイントとしては全体スケジュールの把握があり、十分な調査期間を設けることでより精度の高い内容にすることができます。 調査の完了後には、集計・分析が行われます。目的に応じて集計やグラフなどによるレポートが提出され作業が終了となります。尚、調査結果の報告に関しては、更に詳しい分析を依頼することもできます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加